ブラジャーの正しいつけ方とは?

イメージ画像 正しくブラジャーをつける事は、スピーディに豊胸をメイクするためのバストアップ方法として最低限マスターしておきたいテクニック。

洋服を着るようにブラジャーをただ胸に着けるのではなく、 寄せてあげてきた胸の肉を一日中ずっとカップの中にキープできるようなつけ方をすれば、 頻繁にブラジャーを治す必要もありませんし、アンダーバスト部分が胸に食い込んで不快な思いをする事もありません。

ブラジャーを正しくつけるためには、まず前かがみになってカップの中に胸を自然に入れ、 そのまま体の後ろでフックを止めます。この時、ずっと体は前かがみのままをキープしていてください。

そして、体を起こす前に、胸の周辺にたまっている脂肪や贅肉なども全て含めて、 思い切りブラジャーのカップへ大移動させましょう。

まず最初は胸の下から肉を挙げ、腋からグググと肉を寄せ、最終的にカップの中に肉をたっぷりと盛れればOKです。

両方のカップがお肉で盛られたら、体を起こしてきてください。 この時に、せっかく詰めた肉がさーっとカップの外へ流れ出てしまうのはNGです。

ダムをせき止めているようにブラジャーがたくましく肉をその位置にキープしてくれているのが、 バストアップ方法では理想的なブラジャーですね。

1日の体の動きの中で、どうしても少しずつ胸のお肉がカップの外へ流れて行ってしまいます。 そのため、お昼休みにもう一度ブラジャーを修正して、胸の周辺のお肉たちを再集合させてあげてください。

このバストアップ方法を毎日行なえば、確実に胸は少しずつ豊胸されていくはずです。

大胸筋を鍛えることも必要

より理想的なバストをめざす人は、大胸筋を鍛えていきましょう。 大胸筋を鍛えることで、カップの中に移動させた脂肪がそのまま固定されるようになります。

鍛える方法については、マッサージや筋トレがあります。 別のページではバストアップのためのマッサージ(筋トレ)として紹介しているので参考にしてみてください。



スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像