女性ホルモンは豊胸に関係あるの?

豊胸 どんなバストアップ方法にトライしても、女性ホルモンが分泌されなければ胸を大きくする事はできません。

それは、バストアップの鍵を握っているのが女性ホルモンの存在だから。

食べ物による方法も、マッサージや筋トレによる方法も、 どんなバストアップ方法も、女性ホルモンの分泌を促進する事で豊胸する事ができるメカニズムなのです。

女性ホルモンは思春期の頃をピークにたくさん分泌され、 年齢とともに少しずつ分泌が衰えていくのが一般的。

女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあり、 どちらのホルモンもバストアップには欠かせないホルモンとして機能しています。

思春期の女子がニキビで悩んでしまうのは、男性ホルモンとよく似た働きをする黄体ホルモンの仕業。 ニキビができるのは男性ホルモンが多い、というのはまったくの迷信なのです。

女性ホルモンは生活習慣と大きく関係

女性ホルモンの分泌はとても繊細で、ストレスや不規則な生活、 食生活の乱れなどが原因で分泌されにくくなってしまう事も少なくありません。

貧血、肌荒れ、生理不順などは、女性ホルモンの分泌が低下している事が原因の場合も多いようです。 女性ホルモンの分泌が低下すると、豊胸に必要な燃料が不足してしまうので、胸は成長してくれません。

どんなバストアップ方法にも、豊胸のための燃料でもある女性ホルモンの分泌が必要不可欠。

年齢を問わず、規則正しい生活を送りながらストレスをためこまないように気をつける事で、 可能な限り大きなバストを手に入れる事ができるはずです。



スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像