バストアップによい食べ物

キャベツ バストアップ方法の中には、毎日食べる食品を使って豊胸する方法もあります。

例えばキャベツ
「キャベツを毎日1玉食べていたら、貧乳が巨乳になった」なんて話も聞いた事がありますが、 確かにキャベツには豊胸効果はあります。

ただ、毎日1玉を食べ続ける事は難しいですし、飽きてしまいますよね。 キャベツを千切りとして生で食べるよりは、温野菜やスープなどのおかずとしてたっぷりと食べるのがバストアップ方法としてはお勧めです。

豆乳 豆乳にも高い豊胸効果があります。 豆乳に含まれているイソフラボンと言う成分は、女性ホルモンと同じ働きをしています。

豆乳をたくさん消費する東北地方の人に貧乳が少ないのは、この豆乳のおかげと言ってもよいかもしれませんね。

豆乳はそのまま飲むのが理想的ですが、やや癖のある味なので、コーヒーやココアと混ぜてもよいですし、 牛乳やフルーツなどと混ぜてミルクシェイクにするのも良いでしょう。

女性ホルモンの分泌を活発にしてくれるコラーゲンエラスチンなどを、 食品やサプリメントで摂取するのもバストアップ方法として有効です。

鶏肉 鶏肉や、大豆から作られている納豆や豆腐なども胸を成長させる効果がありますし、 キャベツと鶏肉を使ったロールキャベツなどは、バストアップ方法としては最強の食べ物。

貧乳から巨乳へ成長したい人は、週に1度か2度は食べるような習慣をつけるのも良さそうですね。

体を冷やさないようなスープなども、 直接的ではありませんが女性ホルモンの分泌を促進してくれるのでバストアップ効果が期待できます。

バストアップを妨げる食べ物は?

それでは逆にバストアップによくない食べ物はあるのでしょうか?

これは絶対にダメ!というものはありませんが、炭水化物や脂質が多い食品は取り過ぎないほうがいいでしょう。 たとえば、米、パン、麺類、いも類といった炭水化物や、油、ドレッシング、バターなどの脂質です。

これらは太る原因になり、過剰に摂取することで体のバランスが悪くなり、結果的にバストにも悪い影響を与えてしまうのです。 要はどんな食品でも偏らずにバランスよく摂取することが大切です。

そのほか、カフェインやアルコールの摂り過ぎにも注意しましょう。



スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像