安全性が高い手軽な豊胸手段

体にメスを入れないバストアップ方法といえばプチ豊胸。最近の日本はプチブーム。
豊胸もメスを入れることなく短期間だけ「お試し」的に豊胸する事ができるのです。

この「プチ」な方法では、メスを使ってシリコンなどを胸に挿入するのではなく、 ヒアルロン酸や脂肪酸などを注射器によって胸に注入していきます。

メスを入れないので体に傷が残る心配もありませんし、 左右の胸のサイズがアンバランスな場合でもこのタイプのバストアップ方法なら、 左右のバランスを整える目的で施術を行なう事も可能です。

ヒアルロン酸や脂肪酸などは、もともと人間の体内にある成分なので、 注射器で注入しても体が拒絶反応を起こすリスクはとても少ないのも、このバストアップ方法が人気の理由かもしれませんね。

プチ豊胸は、施術にかかる費用も、シリコンや生理食塩水を入れる方法と比較するととってもプチ。

健康保険などは適用されない自己負担の治療になるため、かかる費用もクリニックによって事なります。 一般的には一度の施術で5万円~10万円ぐらいの費用がかかる事が多いようですね。

施術時間も短く、およそ30分程度で終了してしまいます。

バストアップ効果の期間に難アリ?

一方で、ヒアルロン酸注射によるプチ豊胸施術にもデメリットというべきものがあります。

効果は一生続くと言うわけではなく、一回の施術で体内に入った成分は、 ゆっくりと半年間ぐらいの時間をかけて体内に吸収されていきます。そのため、効果も半年ぐらいが目安です。

この方法では、脂肪を注入した場合と同じように、あまり劇的なサイズアップは難しいものです。

自然な仕上がりを希望する人にはぜひおススメですが、貧乳をいきなり巨乳にしたい方には満足できないかもしれません。



スポンサード リンク

このページの先頭へ


イメージ画像